Wristband

ちょっとニコチンでも吸おうかな、と
バックステージのドアから外に出たんだ
ついでにメールもチェックしようか
スマホの画面は見えるかな

そのとき、カチッと
ステージドアがロックされる音
状況が飲みこめた
でもここの区画をぐるっと回って歩いて
そこからもう一回入場すれば・・・

リストバンド、お願いします
リストバンドを見せてください
リストバンド、ないんですか
ないと、お通しできませんが

リストバンド、ですよ
リストバンド、出してください
だからリストバンドがないと
このドアから入ることは出来ないんですけど

うまく言えないんだけどさ
心臓が拳で叩かれたみたいにドキドキしちゃうんだよ
ちょっと、ダメですよ、それしないで、あれしないで
みたいな態度の輩に会うたびに、わけもなく
そもそもその男がデカかったんだよ
全身スーツで2メートル
天国の門の前に立ってる
聖ペトロに見えた

リストバンド、お願いします
リストバンドを見せてください
リストバンド、ないんですか
ないと、お通しできませんが

言ってやったんだ、リストバンド?
リストバンドなんて要らないだろう?
僕のギターはステージの上だし
バンドは僕を待ってるんだよ

するとホームレスなんかも集まり出して
だんだん大事になってきた
このリストバンドのない町の
中心部へと騒ぎは広まる

子どもたちは、そんないいモノ持ってない
そして彼らはキレやすいのだ
リストバンドなんてもらえるはずがない
そしてリストバンドがなけりゃ
門を通り抜けることができない
門を通り抜けることができない
門を通り抜けることができないのさ

(ポール・サイモン)

広告