By The Time I Get To Phoenix

僕がフェニックスに着く頃には
彼女は目を覚ましているだろう
そして僕が彼女の部屋のドアに残した
メモを見つけるだろう

別れの言葉の所まで読んで
彼女は吹き出すだろう
僕は前にもう何度も
彼女から立ち去っていたから

僕がアルバカーキに着く頃には
彼女は仕事中だろう
ランチの時間になったら
僕に電話をかけるだろう

電話の呼び出し音はいつまでも
鳴り止まないだろう
「変ね」
それだけだろう

僕がオクラホマに辿り着く頃には
彼女は寝ているだろう
静かに寝返りをうって
かすかな声で僕の名前を呼ぶだろう

そして僕が本当に去ったことに気づいて
嗚咽するだろう
何度も何度もそう告げたんだ
でも僕が本当に去って行くなんて
彼女には信じられなかったのさ

(ジミー・ウェッブ)

広告