Sweet Jane

スーツケースを持って
交差点に立っている
ジャックは「コルセット」、ジェーンは「ヴェスト」の中に収まって
って俺自身も「ロックバンド」の中に収まってるのか

昔はスポーツカーとか乗ったりして
いやぁ、あの頃は今とはぜんぜん違った
詩人たちはみんな、ちゃんと韻のルールを知ってたし
女の子たちもみんな、かわいい瞳をクリクリさせてたし

大好きなジェーン!
いとしのジェーン!

さて、ジャックは銀行員になって
そしてジェーンの方は、と言えば
彼女はOLをやってる

ふたりで節約して貯金してるよ
仕事から帰ると、暖炉の前に座ってさ
ラジオからはクラシック音楽、チャイコフスキーだ!
お前ら、そこで抗議デモとかやってるガキども
ジャックの声を聞くがいい

「大好きなジェーン!」
「いとしのジェーン!」

踊りに出かけるのが好きな人たちもいれば
働かなきゃいけない人たちもいる、ちょうど今の俺みたいにね
他にも、性根の腐った母親たちみたいのがいて
この世のすべてはゴミね、とか抜かしてるのさ
知らないの、女は失神なんてしないんだよ、とか
ウィンクは悪人がするもの、とか
顔を赤らめるのなんて子供だけ、とか
人生なんて結局死ぬためにあるんだよ、とか

でもな、いいか
一度でも真心を胸に抱いたことのある人間なら
決してそれを破いて捨てたりしないんだ
そして一度でも自分の役割を演技したことのある人間なら
そのことを否定して忌み嫌ったりはしない

大好きなジェーン!
いとしのジェーン!

彼女が笑うと
天国のワインと薔薇がささやいているように
彼は感じるのだった

彼女自身も、笑うとき
天国のワインと薔薇のささやきを
感じるんだ

ララララ ラララ
ララララ ラララ

大好きなジェーン!
すばらしいジェーン!

(ルー・リード)

広告